ファクタリングは融資よりも手軽

subpage01

融資を受けることによって運転資金を調達したいが、担保となる不動産などを所有していない、開業して日が浅いために十分な事業実績がないなどの理由によって、融資の審査に通らない事業者は少なくありません。しかしこのような経営状態の企業等でも、ある程度の売上さえあれば難しい審査なしでも利用できる資金調達の手段があります。


それが、ファクタリングです。
わが国のビジネスでは、商品やサービスの対価をその場で支払う現金取引よりも、後日支払う掛取引の方が主流です。

この時に発生する売掛金債権を売却して代金を得るのが、ファクタリングの基本的な仕組みとなります。

ファクタリングに関するサポートサイトはここです。

不動産などの担保がなく、企業としての信用度が低かったとしても、売掛金債権さえあれば利用できるため、非常に手軽な資金調達手段であると言えます。
もちろんまったくの無審査というわけではなく、事業者なら誰でも利用できるというわけではわりませんが、融資に比べた場合、ファクタリングにおける審査のポイントは大きく異なります。



というのも、買い手にとっては売掛金がきちんと入金されるかどうかが重大事となるため、債権者すなわちファクタリングを利用しようとしている企業等の信用度はそれほど重視されないからです。



重要度が高いのは、むしろ売掛金の支払い義務を負っている取引先の方です。


したがって、通常の融資がなかなか利用しづらい事業者であっても、ファクタリングならキャッシュを得るチャンスが十分にあります。