ファクタリングの種類と注意点

subpage01

ファクタリングとは企業が有する売掛債権に対する金融サービスで、大きく分けて保険型と買い取り型の2種類があります。

ファクタリング情報ならこちらのサイトです。

保険型は信用力に関して不安がある企業との取引において有効なサービスとなっており、ファクタリング会社に売掛債権に対する保険料を支払うことで、倒産などの事故があった場合でもファクタリング会社が売掛債権の全てもしくは一部を保証金として支払ってくれるため、貸し倒れのリスクを回避することができます。買い取り型は、商品やサービスを販売した企業が売掛金を速く現金化したい場合に有効なサービスで、売掛債権をファクタリング会社に売却することによって、手数料を差し引いた金額を受け取ることが可能です。


手形の割引に近いもので、銀行や国の融資制度と異なり担保などは必要なく、売掛先の信用のみが審査の対象となるため、資金に困窮している企業でも利用することができます。



注意点としては、保険型は事故があった場合のみ保証金を受け取ることができるため、売掛金の回収が不可能と判断されるまでは保証金は支払われないことが一般的で、無事に回収できた場合は支払った保険料は戻ってきません。


買い取り型には二社間と三社間があり、二社間の場合は手数料が比較的高額になり、三社間の場合は売掛先にファクタリングを利用することの了承が必要になるため、資金面に問題があるのではと不審に思われて今後の取り引きに影響が出る場合があるので注意が必要です。