ファクタリングは手数料の最大値を把握しておく

subpage01

ファクタリングには金利が存在しませんが、代わりに手数料が発生します。
ローンよりも利率の幅が広く、1%未満の会社もあれば30%に設定している会社もあります。


1%と30%では手数料が30倍も違うので、ファクタリング会社選びでは何よりも手数料を重視してください。

手数料を確認するときは利率の幅よりも、最大値に着目する必要があります。

ファクタリングに有効なサイトです。

1%〜10%に設定されている場合、何%の適用になるか判断することは困難です。


ただ一般的には最大利率での買取になることが多いので、10%と覚えておくのが得策でしょう。
手数料を比較するときは、最大値で比較するのがポイントです。



信頼できる優良なファクタリング会社は、むやみに手数料を高く設定することはしません。


資金繰りに悩んでいる法人や個人が利用するサービスですから、利率を高く設定しすぎると経営を圧迫しかねないからです。

なるべく高額で買取をすることが、利用者の利益につながります。


一方で即日買取を強みにしている会社に関しては、相場よりも高い利率にしていることが少なくないです。キャッシングの金利だと15%〜18%などと相場が決まっていますが、ファクタリングに関しては各社によって利率が大きく異なるので、相場はあまり当てになりません。

近年は著名企業がファクタリングサービスを開始する事例が増えています。
それに伴って手数料の相場は下がってきており、1%を下回る利率を設定するサービスも登場しています。